新たなタイプの進学校を目指して ~授業 真剣勝負!~

大学入試改革と新学習指導要領に対応し、先進の授業環境と教員研修によるさらなる授業力向上を行っています!

 

川口市立高校の授業紹介


2020/06/23

3年次 古典研究の授業を紹介します。

| by 副校長t
本日は、3年次の古典研究の授業について紹介します。
単元は「小夜衣」です。前時までに読解については終了しており、本時は本文中に出てくる「敬語」と「助動詞の識別」についての学習内容となります。

「敬語」には、①「本動詞」、②「補助動詞」に大別できるそうです。
「尊敬語」のたまう、仰す:ご覧ず、大殿籠る
「謙譲語」奏す、啓す、参らす
「丁寧語」侍り、候う など
この後、大学入試問題にも触れ、具体的な学習内容で小テストなどで知識の確認を行いました。

07:00 | 授業紹介

黄金の学習サイクル

毎日の予習・授業・復習のサイクルの定着を目指しています

毎日の授業を大事にし、さらに朝学習の実施し、採点・データ化することにより「知識」「技能」といった学力の基礎力を身につけさせ、「思考力」「判断力」「表現力」や「主体性」などの、より上層の学力の定着を目指しています。

          

そのために、生徒だけでなく教員も以下の取り組みを行っています。 

1 ICTやAL(アクティブラーニング)活用授業を最新の環境で授業改善に活かす

2 授業研究週間(6月・11月)と授業評価(12月)

3 大学入試改革や難関大指導法研究グループ(予定)
 詳しくは「教職員研修のページ」をご参照ください。

放課後の学習支援

進学補講

 放課後には、教員による進学補講を行っています。生徒は、部活動との両立を図りながら補講に参加して熱心に学習を進めています。 

ラーニングコモンズの「学習チューター」

 ラーニングコモンズの自習室は、平日は朝7時30分から午後9時まで、土・日曜日は午前9時から午後5時まで利用することができます。
ラーニングコモンズには、現役の大学生「学習チューター」が午後5時から9時まで常駐し、学習や進学に向けた勉強方法などのアドバイスをしてくれます。部活動が終わった後にも学校に残って勉強に取り組む生徒も多くいます。また、定期考査前には、他の教室等も自習室として開放しています。

学習メンター制度(希望者・有料)

 本校では民間教育機関(トモノカイ)と連携し、大学生メンターによる学習支援プログラムの導入しています。学習メンター制度は希望者に対して有料で提供する事業です。生徒4名程度を1名の学習メンターが担当し、自学する力をつけるために学習内容や学習の進め方についてアドバイスをしてくれます。
 毎日午後4時と部活動終了後の午後7時20分からそれぞれから70分の学習が行われ、160名以上の生徒が受講しています。
 
 トノモカイについて
   
 
PAGE TOP