副校長より

副校長より >> 記事詳細

2020/08/11

中学生の皆さんへメッセージ①

| by 副校長k
来春の高校受検に向けて頑張っている中学生の皆さんへ、本校1年生からメッセージをお送りします。高校見学さえままならない状況だと思いますが、是非それぞれの夢に向かって、参考にしていただければ幸いです。

★川口市立高校を受験しようか迷っている皆さんへ
今年は説明会等の高校を知る機会が少ないため、この文章が、本校理数科の受験を考えている皆さんの参考になれば嬉しいです。
まず、学校生活について、理数科はもの静かな人たちが多いと思われがちですが、それはただの偏見です。僕も受検する前までは、そのようなイメージが強く、友達が出来るかどうか不安でした。でも今では、賑やかなクラスメートのお陰で、多くの友達に囲まれて楽しい学校生活を送っています。
次に理数科だけにしかない特別な行事について、少しだけ説明したいと思います。
総合的な探求の時間には、大学の教授がいらしてくださり、様々な体験ができます。
先日は、東京大学の村山斉先生の講義を、春日部高校や所沢北高校、日立会場の中学生の皆さんとオンラインで一緒に受講しました。「高校物理から宇宙研究の最先端へ」というテーマで、ブラックホールやダークマター等、宇宙研究の最先端の情報について知ることが出来、刺激を受けました。
さらに、僕たちもまだ参加できていませんが、多くの校外学習を通して、他では出来ない体験ができるそうです。
最後になりますが、この状況での受検は不安が多いことでしょう。でも、しっかりと積み重ねてきた成果を全部発揮すればきっと合格出来るはずです。ですから心配することなく頑張って受験勉強に取り組んでください。
(さいたま市立大原中学校卒業)


☆川口市立高校は進学校ということもあり、一人一人がとても熱心に学習に取り組んでいます。多くの生徒が部活動にも所属しており、部活と勉強を両立した文武両道に励んでいます。テスト期間になると、最終下校時間まで残り、友人や先生に質問している姿も多く見られます。また、普段の学校生活でも、すれ違った先輩や先生方に対して挨拶をしている人が多く、明るく元気な学校です。
私がこの学校に決めた理由は、学習環境が整っていると思ったからです。それぞれに得意教科や苦手教科があると思いますが、校内のあちらこちらに勉強出来るスペースがあるため、クラスを超えて教え合うことができたり、放課後の部活動が終わった後も勉強できたりと、とても充実した環境です。(今は新型コロナウイルス感染症予防のため時間と場所が変更されています。)
もう一つの理由は、部活動体験に行ったとき、目標に向かって練習していた先輩方の姿がとても輝いて見えたことです。私もこの先輩方と一緒に部活をしたいと強く思ったことを今でも覚えています。
最後に、受験勉強は集中力がとても重要です。また受検は一人でするものではありません。周りにいる友達、家族、先生方にささえられながら、決して一人ではないということを忘れずに頑張ってください。辛くなったら、一人で抱え込まず、家族や友達に頼ってください。新型コロナウイルス感染症により、今年の受験生は例年以上に大変だと思いますが、皆さんが第一志望の高校に入学出来るよう願っています。
(川口市立神根中学校卒業)  
18:29 | 副校長より
PAGE TOP