工事進捗状況

 新市立高等学校建設事業は、川口市の3大プロジェクトの1つとして、計画的に整備が進められています。このページでは、日々着々と進んでいる建設工事の様子をご紹介します。
 
建設工事の様子 >> 記事詳細

2017/02/28

平成29年2月の校舎棟建設工事の状況

| by 市担当

 新市立高等学校校舎棟の建設工事は平成27年10月から始まり、約16ヶ月がたちました。

 躯体(くたい)工事が進み、現在は5階の柱・壁の鉄筋工事、型枠工事が始まっています。

 
 工事の進ちょく状況は、川口市ホームページ「新市立高等学校建設事業」の建設関係のページで随時お知らせしていますので、ここでは、少し違った角度からの工事の様子をご紹介していきます。
 今回は、ドローンを使って空から撮影した画像の初公開!!平成29年1月に撮影した画像です。

ドローン画像


 写真の右上がプラネタリウム設備を有する川口市立科学館、左上の緑色の屋根が、現在の川口総合高等学校の校舎です。手前の校舎の黄色い部分は、コンクリートを流し込む「型枠」となっています。

  校舎棟建設工事の竣工予定は、平成29年12月。校舎棟工事は順調に進んでいます。平成30年4月の川口市立高等学校の開校時には、新しい校舎で生徒のみなさんをお迎えする予定です。



 


17:00 | 進捗状況
PAGE TOP