新着情報

新着情報 >> 記事詳細

2018/10/29

【1学年グローバル教育講演会】H30.10.25(木)3・4限

| by 学校

 本校の目指す生徒像(ディプロマポリシー)に関わる教育の一環(グローバルな視野を持ち、地域に貢献する意思と行動力を持つ生徒)として実施されました。

 講師は本校1年4組副担任・家庭科教諭の関美奈子先生です。関先生は埼玉県国際交流協会の日本人講師として小学校から大学まで幅広くグローバル教育の講演を行っています。

過去に2度、JICAボランティア(青年海外協力隊)としてサモアとグアテマラに派遣され、2年間ずつ活動をした経験をお持ちです。

 初めに各HRで事前学習として、クイズ形式のワークシートを行い、その後大ホールで公演を聞きました。

 ワークシートの解説から始まり、世界全体のこと、世界から見た日本、そして青年海外協力隊の経験の話と、大変勉強になるかつ感動するお話を聞くことができました。生徒それぞれが多くのことを感じることができた貴重な時間となりました。

 以下は生徒の感想文の抜粋です。

「海外のことについてもっと知りたいと思いました。今回の講演により、自分の中の気持ちが変わりました。他人のために役立つことや自分でできることは少しずつでもコツコツとやりたいと思いました。ボランティアにも興味をもったので、様々なものにチャレンジしたいと思いました。」 

「給食が豆乳、よくてパサパサのパン付きという状況を見て、よく給食を残していた自分を思い出した。世界には食べられない子供たちがいる中で、学校に行けている自分がどれほど幸せなのかを感じました。」

「『無理だ』じゃなくて『やってみよう』、『ない』じゃなくて『あるものを使う』が大切だと思いました。

 

       講演前の事前学習              事前学習のクイズの解説
 
      世界から見た日本の説明            青年海外協力隊の話

      大ホールでの講演会

 

 

 


16:39 | 開催報告
PAGE TOP