大学等との連携

 川口市は大学等の研究機関と連携協定を締結しています。これらの協定を生かし、大学生等との交流を通じて理数系教育の充実など多面的な連携を推進していきます。

 
川口市教育委員会とお茶の水女子大学との連携協定

協定調印式の様子 平成29年7月20日、お茶の水女子大学と川口市教育委員会との連携協力に関する協定調印式が執り行われました。
 この協定により、理数科の課題研究をはじめとした先端の理数系教育の充実が図れるほか、大学に併設されている「サイエンス&エデュケーションセンター」を利用し、教育ネットワークを活用した取り組みが可能となり、有能な科学者からの生徒への指導の実現が可能となります。

関連記事
(参考)市ホームページ

 

 
川口市教育委員会と東京大学CoREF(コレフ)ユニットとの連携協定

協定調印式の様子 平成29年5月24日、東京大学高大接続研究開発センター高大連携推進部門 CoREF(コレフ)ユニットと川口市教育委員会との連携協力に関する協定調印式が執り行われました。この連携協定は、アクティブ・ラーニング型授業のデザインと学習評価について、実証的に研究を行うとともに、その教育の質を向上させることを目的としています。

関連記事
(参考)市ホームページ

 

 
川口市教育委員会と東京理科大学とのインターンシップに関する協定
東京理科大学との協定式平成28年12月20日、東京理科大学神楽坂キャンパスにおいて、川口市教育委員会と東京理科大学との「学校インターンシップに関する協定」にかかる協定締結式が執り行われました。

(参考)市ホームページ
 
川口市と順天堂大学の相互連携に関する協定
順天堂大学協定調印式平成28年3月25日、市内の学校が教育実習やインターンシップの大学生を受け入れることにより、相互に連携し、質の高い教員を養成するために、川口市と順天堂大学は協定を締結しました。

(参考)市ホームページ
 
PAGE TOP