学校長より

校長室より 政策アドバイザーによる講演会

7月16日(金)の午後、難関大学を目指す3年次の生徒に向けて、「夏に楽しく学ぶ技」という演題で、政策アドバイザーの藤井春彦先生の講演会が開催されました。
「夏休み明けには、選択する教科の教科書の内容をしっかりと理解すること。つまり、不明な部分(弱点)を残しておかないこと。」藤井先生の豊富な経験から語られる一言一言が3年生の胸に響いたようです。

本校には、県立高校で豊富な経験を有する専門性の高い政策アドバイザーの先生がいます。
国公立大学や難関大学を目指す生徒に対しては、政策アドバイザーがサポートチームとして継続的に繰り返し面談を行ってくれています。
夏休みを前に行われた講演会は、勝負の8週間をより充実したものにすることに繋がる貴重な場になったと思います。