学校長より

インターハイ出場選手 市長表敬訪問【校長室より】

7月21日(水)全国高等学校総合体育大会壮行会が奥ノ木信夫市長ご出席のもとで開催されました。

インターハイ出場を控えた陸上部、ボート部、水泳部の生徒12名と顧問が市長に対して大会に向けた意気込みを述べました。市長からは、「今回の大会はゴールではなく新たなフィールドに立つスタートでもある。大学やその先の社会人として、それぞれに広いフィールドが待っている。川口の宝である皆さんが、スポーツと勉強や進学に力を発揮することを期待している。」と激励をいただきました。

今年の北信越総体2021は、コロナ禍のため、無観客で行われます。急な暑さや感染防止対策などで難しい調整になると思いますが、東京オリンピックの開催された年に、高校生のアスリートとしてインターハイに参加することに誇りをもって、全力で頑張ってくれることを期待しています。

【市長表敬訪問出席者】

陸上部(7/28~8/1 福井県福井市) 

 佐倉由樹、小瀬堅太(800m、4×400mR)、川尻太一(400mH、4×400mR)、長谷川太一(砲丸投げ)、佐野文哉(やり投げ)、原悠貴、小山颯達、藤原陽(4×400mR)、馬場彩香(走幅跳)

ボート部(8/16~19 福井県美浜市)

 向井琴和(女子シングルスカル)

水泳(飛込)(8/17~20 長野県)

 関口麻耶、安丸和華(飛板飛込、高飛込)