CIR・ALT

CIR・ALTの配置

 本校は、教育目標を実現するための特色の一つとして「グローバル人材の育成」を掲げ、多種多彩な取組を行っています。その重要な推進役として、本校では7名のCIRと1名のALTが活躍しています。CIRはCoordinator for International Relationsの略で、国際交流員と訳されます。多くの学校で勤務しているALT(Assistant Language Teacher:外国語指導助手)とは異なり、授業を担当するのはもとより、様々な企画、運営にも携わっています。

 それぞれ個性的な7名が、授業や昼休み、放課後等、様々な場面で本校の生徒と触れ合っています。特に、授業においては、Active Learning for Global Leaders Program(グローバルリーダー養成プログラム)のもと、今まさに求められる「主体的・対話的で深い学び」のために英語による発表、対話、意見交換、ディベート、プレゼンテーション等の能力育成を体系的、組織的に推進しています。

 

   
  
  
   

CIRによるグローバルリーダー養成プログラム
Active Learning for Global Leaders Program

■CIR(国際交流員)チーム7名とJTE(日本人英語教員)とのティームティーチングにより、新傾向入試の「話す」「書く」力を養成
■夏季英語集中講座(5日間 ※詳細 )を始め、英語力養成・異文化理解を推進するプログラ ム・イベントを企画・運営

■Science Englishや理数科合宿など、理数科探究活動ほか各種プログラムを、理系グローバル人材養成を目標に全面支援

■国際交流プログラム派遣生徒の事前指導
■グローバル教育講演会 世界の状況について学ぶ



 

Calvin Ogata, the leader of the team, explains:  

 Kawaguchi Municipal High School  has taken steps to prepare students to become the future global leaders of Japan.  Often you hear the word Globalization, which implies the opening of local and nationalistic perspectives to an interconnected and interdependent world. English is a predominant language and it has become a necessity for people to speak English, since it is the most widely spoken language on the planet. 

 At Kawaguchi Municipal High School, we challenge the status quo by delivering active innovative lessons taught by our“Coordinators for International Relations”, in the highly communicative “Active Learning for Global Leaders Program”.  The school also offers a special English Summer Camp, where students can level up their English in various areas such as Eiken, Daily Situational Conversation and their Presentation Skills.  Currently there are eight native English speakers at the school, so students have many opportunities to speak with them throughout the day. Students always have a chance every day to sit, talk and eat lunch together with the teachers during the “E Komo Mai Corner” during lunchtime.

 We hope the students will enjoy acquiring these important English skills, as they will need them to become the next leaders of Japan.

カルビン・オガタ CIRリーダー:  

 川口市立高校は、生徒の皆さんが、将来の日本のグローバルリーダーとなる心構えを持つことができるように、様々な取り組みを行っています。皆さんは、「グローバル化」という言葉を聞いたことがあると思います。この言葉は、地域や国という見方が、互いに繋がり互いに自立する世界へと広がることを意味しています。英語は、世界でもっとも広く使われている言語ですから、有力な言語として話すことが不可欠なものとなっています。

 川口市立高校では、私たちCIR(国際交流員)は、コミュニケーションを重視した「グローバルリーダー養成プログラム」の意欲的、革新的な授業を通して、改善に挑んでいます。

 また、本校は、English Summer Camp(夏季英語集中講座)を設けており、生徒の皆さんは、英検や日常英会話やプレゼンの技術など様々な分野での英語力向上を図ることができます。現在、本校には8名のネイティブスピーカーがおり、生徒の皆さんは、一日を通して私たちと話す機会がたくさんあります。昼休みには、E Komo Mai Corner(ハワイ語で「いらっしゃい」)で、毎日、私たちと一緒の席で話したり食べたりすることができます。

 生徒の皆さんが、この重要な英語能力を習得することを楽しんでくれることを期待しています。次代の日本のリーダーとなるために必要となるものだからです。



 
 
PAGE TOP