進路指導部からのメッセージ


2020/05/14

大学入試改革について

| by 進路指導室
 今年度末から、これまでのセンター試験に代えて共通テストが実施されます。この入試改革の主眼は、思考力を問うことにあります。入試改革元年に臨む皆さんは、新傾向の入試にどう対応すればよいだろうと思っていることでしょう。
 しかし、思考力を問う入試についてはこれまでも工夫がされてきました。センター試験においても、単に暗記だけで対応するのではなく、よく考えないと答えにたどり着けない工夫が重ねられてきました。また、国公立大学の個別入試では、記述・論述問題がたくさん出題されてきました。今年度末になって、出題傾向がにわかに大きく変わるのではありません。
 皆さんは、普段の学習において、暗記だけで切り抜けるのではなく、「なぜそうなるのか。」「本当に教科書に書いてあるとおりなのか。」を考えて臨むことが重要です。また、授業においては、受け身の姿勢ではなく「なぜ?」「なるほど!」と思いながら受講することや、積極的に発言や質問することが重要です。要は、アウトプットをすることです。
 この入試改革を機に、皆さんが積極的な学習態度を育ててくれることを期待しています。
08:23 | 進路指導部より
PAGE TOP