校長日誌

校長日誌 >> 記事詳細

2020/07/31new

校長室より 1学期終業式

| by 学校長
コロナ禍の中でスタートした令和2年度も、本日、無事に1学期の終業式を迎えることができました。
休校中から学校再開後まで、厳しい状況に中で頑張ってくれた生徒諸君と教職員、そして支えていただいた保護者の皆様に深く感謝申し上げます。


終業式の校長講話では「ものを考えよう」という話をしました。
何事にも「待てよ」「本当かな」「なぜだろう」というクリティカル・シンキング(批判的思考)をもって臨み、自分の考えを持つ力をつけて欲しい。
その上で、自分を肯定的に捉えるポジティブ・シンキングを持ち、目の前の壁にもポジティブな気持ちでチャレンジして欲しいと思います。
高校生にとっての進路選択は一生を左右する大きな決断です。
自分の人生だからこそ、進路選択では、自分で考え、自分で決め、言い訳をしない人生を送るための第一歩になることを期待しています。

夏休み中は、コロナウイルス感染症だけではなく、交通事故や熱中症など様々な危険が潜んでいます。生徒には、かけがえのない自分の命を大切にすることを約束してもらいました。


改めまして保護者の皆様には、休校中も含めご理解ご協力をいただき誠にありがとうございました。
夏季休業中、そして2学期からもよろしくお願いいたします。

校長 井上清之
12:40 | 学校長・副校長より
PAGE TOP