校長・副校長日誌

校長日誌 >> 記事詳細

2018/06/13

フイリアセビを紹介します

| by 副校長t
ツツジ科のフイリアセビを紹介します。

このフイリアセビは北側エントランス付近の花壇にあります。フイリアセビは漢字名では「斑入馬酔木」と書くそうです。このフイリアセビは、日本の山地および中国大陸に自生し、古くから愛されている花で、万葉集にもこの花を詠んだ歌があるほどだそうです。有毒植物の1つで、馬が食べると脚がしびれて酔ったようになるから(実際には、馬は食べないそうです)馬酔木と書くようになったと言われています。

3~4月頃、白い鐘状の小花が群れ咲くそうです。葉に白い縁取りのあるものや、ピンクの花のものなど多くの園芸品種があるそうです。光沢のある葉もとても美しいと思います。皆さんも是非鑑賞してみてください。
02:00 | 副校長より
PAGE TOP