新着情報

新着情報 >> 記事詳細

2018/11/08

大学見学会【東京農業大学 世田谷キャンパス】報告

| by 学校

東京農業大学の教育理念は「実学主義」。1891年の創設以来、動植物全てに関わる総合化学として発展を続けている。生命・食料・環境・健康・エネルギー・地域再生に挑む6学部24学科に緑と生命を化学する大学である。

 

11:00 大学説明

大学のパンフレットを使用して各学部・学科の細かい説明をしていただきました。生徒はメモを取りながら真剣に話を聞いていました。

 

11:30 学食利用

学食には豊富なメニューが用意されており、生徒は食事を楽しんでいました。

  

12:30 大学施設見学

現役の大学生が校舎内の広い講義室や研究施設の案内をしてくれました。

 

13:30 博物館見学

大学敷地外にある博物館を見学させていただきました。この博物館は東京農業大学の研修成果や珍しい植物が展示されていました。研究員の方が解説を交えて館内を案内してくださり、生徒達も興味を持って見学ができていたようです。


 

〈生徒の感想〉

・東京農業大学にある博物館で、卵子だけで生まれたマウスがとても印象に残っています。農業のことだけでなく、生命・生物についての実験を多く行っていて、興味が湧きました。

・今まで大学とは実際にどんな感じなのかなと思っていましたが、見学することができて、楽しそうだなと思えました。自分がしたいと思うことができる大学をゆっくり探していきたいなと思いました。

・「農大」と聞いてしまうと、育てる・食べるなどと思っていました。しかし、教員資格であったり、いろいろな科に分かれていて、セブンイレブンの隣にあったお店に大学で作ったものが売られていることを知り、驚きました。博物館では、農大の研究は世界の一歩先を行っていて、すごいと思うことばかりでした。

担当教員:若林、内園


13:38 | 近況報告
PAGE TOP