これまでの経緯

  市立高等学校3校の再編・統合、新校の建設については、平成23年1月に「川口市立高等学校在り方審議会」より、「市立高等学校の今後の在り方について」答申をいただき、これを受け、平成24年3月には、「新校基本計画」が新校基本計画検討委員会により取りまとめられました。これを踏まえ、平成25年3月には、「川口市立高等学校再編統合に関する基本調査報告書」が策定されました。
  基本設計・実施設計については、平成25年4月より、プロポーザル方式にて設計業者の選定を行い、7月より着手し、平成26年3月に基本設計が完了いたしました。引き続き、実施設計に入り、平成27年5月には完了、さらに、平成27年秋口から建築工事に着手して、平成30年度には現在の川口総合高等学校の場所に新校が開校する予定です。
  また、新校開設に向けた取り組みとして、基本設計・実施設計や開設準備を進めるにあたり、課題となっている教育課程の編成、学校運営や施設計画等を協議するために、新市立高校開設検討委員会を設置しました。さらに、平成27年度から、学識経験者や学校関係者など外部委員も含めた組織である新市立高校開設準備委員会を設置し、校名、校章、校歌、制服等についての検討を進めています。

平成23年 1月川口市立高等学校在り方審議会 答申
平成23年 5月川口市立高等学校の今後の在り方に係る基本方針 策定
平成24年 3月新校基本計画 策定
新校の枠組み(設置場所・開校年度・基本理念等)が示される
(制定後の変更内容)
→平成25年11月 市立3校の閉校時期の変更(平成29年度末閉校に)
→平成27年12月 新校全日制のクラス編制変更(普通科11学級・理数科1学級に)
平成25年 3月川口市立高等学校再編統合に関する基本調査報告書 策定
平成25年 5月新市立高校開設検討委員会設置
平成26年 3月新市立高等学校基本設計完了
平成27年 5月新市立高校開設準備委員会設置
校名、校章、校歌、制服等についての検討を開始
平成27年 5月新市立高等学校実施設計完了
平成27年 9月新市立高等学校校舎棟建設工事着工
工期:平成27年9月28日~平成29年12月15日
平成28年 3月「川口市立高等学校」に校名が決定 
 川口市立学校設置条例の一部を改正する条例(平成28年3月24日 条例第26号公布)
平成28年 4月 川口高等学校内に新校開設準備部会を設置

在り方審議会答申などにかかる詳細については、川口市のホームページをご参照ください。
 
PAGE TOP