川口市立高等学校将来構想

将来構想

新設校であり未完成であることが本校の最大の強みです。本校では、開校時に新しい学校づくりのビジョンである「川口市立高等学校将来構想」を策定し、開校から10年間を見通した学校づくりに取り組んでいます。とりわけ、文武両道の進学校づくりに向けて、大学進学実績と部活動の競技力向上については数値目標を設定し10年間を3期に分け着実な歩みを続けています。

第1期「創世記」(H30~R2)、第2期「発展期」(R3~5)、第3期「飛躍期」(R6~9)

川口市立高等学校将来構想(2018年9月).pdf

 

令和3年度 「6つの将来像」に基づく本年度の重点課題

「第2期(3カ年)の初年度」

21世紀型学力を育成する学校

「アクティブ・ラーニング、ICTを活用した授業の定着」

新たなタイプの進学校    

「高大接続による7年間の学びを前提とした進路指導」

理数科教育を牽引する拠点校 

「SSH指定に向けた基盤づくりに全校をあげて取り組む」

文武両道を具現化する学校  

「スポーツ科学コースを核とした部活動の活性化」

地域とともにある学校    

「地域を題材にした総合的な探究の開発」

附属中学校を併設する中高一貫教育校

「附属中学校との連携による中高一貫教育の推進」