お知らせ(2年次)

【2年次総合的な探求の時間 中間発表】

 2年次普通科の総合的な学習の時間は「17歳のころ」と題して、グループ活動を行いながら「現代社会における課題の発見」と、その課題を深く考察し将来大学等での探究へと発展させるために専門の研究者にインタビューしてみるという企画を実施しています。11/10(木)5・6限はその中間発表でした。

内容は「マイクロプラスチック」「ジェンダー」「医療制度」「インターネットの匿名性」「ヤングケアラー」など、まさに現代社会における困難な課題を生徒自身が引き受けようとする姿勢が見られました。さらに「課題を発見する」だけでなく、先行研究も調べて自分たちのオリジナリティを出そうとしていました。

その後、1年次生もグループ活動に加わって個人研究の発表も行われました。普段はあまり交流することがありませんが、先輩のコメントを緊張した雰囲気で真剣に聞いていましたが、やがてお互いに「学び合い」をする様子が見られました。「他流試合」のなかに身を置いて切磋琢磨することが、やがて新たな発見をもたらしてくれるはずです。

2年次生は今後、インタビュー活動に向けてさらに探究を続けていく予定です。

(総合探究部)

発表風景

1年生と合同発表