中学生へのメッセージ

中学生の皆様へ

中学生の皆さんへ⑧

中学生の皆さんへ。今回は僕が受験勉強のアドバイスをしていこうと思います。
 突然ですが、今、中学生の皆さんは少しでも模試などの点数を伸ばそうと思って勉強していますよね?僕もそうでした。
 しかし、あくまでも模試の点数なので、それで一喜一憂していてはいけないと思います。大切な事は点数ではなく、どの教科のどの問題が得意か苦手かを確認することです。自分はここが得意なのか、この問題が苦手なんだなと把握しておくだけで、一気に勉強がしやすくなります。
 おそらく今ぐらいの時期は受験のラストスパートだと思います。長く地道な受験勉強はとても辛いと思います。しかし、残り数ヶ月ともうゴールは近いです。最後まで、全力を尽くして、受験本番を迎えられるように頑張ってください。(1年 Sさん)

中学生の皆さんへ⑦

川口市立高校は設備がとても整っている学校です。例えば、観客席が多くありとても広い大アリーナ、鏡張りになっている小アリーナ、そして今年完成した人工芝グラウンドなどまだまだ沢山の設備があります。

また、授業面では、ほかの学校では使用されてないようなプロジェクターを使った授業やCIRの先生方による英語の授業などがあります。

このような整えられた設備、授業のおかげで毎日とても楽しく高校生活を送ることが出来ています。

私は、中学生3年生の冬まで部活動を続けていたため、受験勉強の両立にとても苦しみました。それに加えて倍率の高い高校を受験するという不安やライバル(周りの子)が自分よりも勉強しているという焦りがすごかったです。しかし、勉強をする際に些細なことでも目標を立て「達成感を味わう」ということをしたら勉強することが楽しくなりました。

この時期は、勉強面でも、精神面でも悩むことが多いと思いますが今が頑張るときです。自分に負けず、頑張ってください!!

皆さんが川口市立高校に入学してくれることを楽しみにしています。(1年 Yさん)

中学生の皆さんへ⑥

 川口市立高等学校は公立高校とは思えないほど施設や設備が充実しています。授業でプロジェクターを利用したり、個人の学習時間の管理、また、講演などを行う大ホール、天井が高く観客席まである大アリーナ、さらには、今年度の9月から利用できるようになった新しいグラウンドもあります。公立高校であるにも関わらず、私たちがより良い高校生活を送ることができる設備が整っています。

 私は中学3年生の冬まで部活を続けていました。
 倍率の高い川口市立学校を志望校にしていたので、本当に受かるのか不安でいっぱいでしたが、部活との両立をできるように、切り替えを素早くすることを意識して勉強に取り組みました。

 受験期は不安で逃げたくなることもあると思いますが、今が踏ん張り時です!自分を信じて頑張って下さい。
 来年度、皆さんを川口市立高校の後輩としてお迎えできる日を楽しみにしています!(1年 Hさん)

中学生の皆さんへ⑤

こんにちは。

私は皆さんの1年前に受験した現市立生1年です。

私からはラストスパートについて説明したいと思います。ラストスパートは、恐らく最も不安が募る期間だと思います。私も分からない問題が出てくるとこのままじゃ受からないんじゃないか、と何度も不安になりました。しかし、それと同時にラストスパートはやるべき事と苦手部分が明確になり、より集中して取り組める期間だったと思います。私がラストスパートで行ったこととしては、苦手科目の演習、暗記の徹底等です。私は数学が苦手だったので、何度も何度も演習しました。特に点の稼ぎどころの大問1をたくさん解きました。暗記の徹底では、特に理科、社会の用語などを毎日少しでも見るようにし、そうすれば自然と頭に入ってきました。物事の繋がりを理解することが大切だと思います。

ラストスパートをどう過ごすかが勝負のつきどころです。ゴールまでもうすぐです。終わったら市立での楽しい高校生活が待っています。1日1日を無駄にせず、後悔のない受験ができることを願っています。

応援しています!!(1年 Oさん)

 

中学生の皆さんへ④

中学生の皆さんこんにちは!
高校受験まで残りわずかとなり、いろいろ焦りもあるのではないでしょうか。
私は中学生のとき、他の人よりも勉強をさぼりがちだったので、北辰テストの結果もあまり良くなく、先生からも志望校変更を勧められるくらいで、冬休みはとても焦っていました。
しかし冬休みから受験当日まで、過去問を解いて今取れる点数を確認したり、塾や学校に残って勉強をしたりして、当日は今までの自分の中で過去最高点を取り、無事合格することができました。
川口市立高校を目指す人は去年から学校選択問題となり、苦労をすることも多いと思いますが、残りの期間、自分のしてきたことを信じて頑張ってください!新しく4月から一緒に高校生活を送れることを楽しみにしています!(2年 Nさん)

中学生の皆さんへ③

受験まであと少しとなりました。とても不安に思っていると思います。ですが、どんな時でも平常心を保って落ち着いて今まで頑張ってきた自分を信じてください。自分を信じることができるならきっと良い結果が得られると思います。
 ラストスパート頑張ってください!(2年 Sさん)

中学生の皆さんへ②

まず、高校入試についての経験談です。

私が考える、受験生にとって最も大事な時期は、冬休みだと思います。この冬休みにどう頑張るかで、合格か否か決まると言っても過言ではありません。挫けずに勉強を続けられたものが、合格することができると考えています。

次に、冬休みから入試までに何を勉強すれば良いのかですが、私は、国語、理科、社会に重点を置くべきだと考えます。私が入試後に気づいたことは、数学、英語の点数はそれほど合否に影響しないということです。ましてや学校選択問題のその2教科では、解ける問題が大体決まっているので周りとの差があまりつきません。それに対して国語、理科、社会は周りとの差がつきやすく、そこを落としてしまうと不合格に近づいてしまいます。逆に言えば、周りとの差を広げるチャンスでもあります。自分が間違えやすい問題を対策しておけば、合格に近づくことになります。かと言って、数学と英語を全く勉強しなくても良いことにはなりません。

自分の志望する高校に合格できるように、頑張ってください。(1年 Nさん)

 

中学生の皆さんへ①

本校広報係の生徒から中学生の皆さんへメッセージをお送りします。

勉強の合間に是非読んでもらえると嬉しいです。

 

⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶

皆さん毎日受験勉強お疲れ様です。

入試もだんだんと近づいてきて、焦りや不安でいっぱいの人が多いと思います。分からない問題があって挫けそうになったり、なかなか成績が上がらなくて悔しかったり、いろいろなことがあったと思いますがすべてがきっとこれからの糧となっていきます。自分を信じて努力すれば、結果はついてきます。体調に気をつけて、残りあと少しも頑張ってください!

4月に制服を着た皆さんにお会いできることを楽しみにしています。(2年 Sさん)

  

 

在校生からのメッセージ

9月18日(土)に第2回学校説明会がありました。

その時、中学生の皆さんをご案内した広報係からメッセージをもらいましたのでご紹介します。

 

♪ 今、受験生として感じていること ♪

特進クラスは担任一人、副担任二人ついてくれています。
先生が多いので、困ったことはすぐに先生に相談できるところがとてもいいところです。
クラスのみんなに「勉強するぞ」という雰囲気がありますが、勉強だけでなく、行事の団結もとてもすごいです。
勉強も、どうやったら楽しく勉強できるかなとみんなで話したりもでき、とてもいい環境です。
自習室や生徒対応ロビーで先生に教えてもらうこともあります。
図書館の施設も活用しながら、自分にあったスタイルで受験勉強ができますよ。

 

♪ 楽しい理数科クラス ♪

僕が在籍している理数科クラスは40人の生徒が毎日楽しく勉強しています。
学校へ行くのがとても楽しいです。
理数科は、課題研究など理数科ならではの行事が多く、楽しめます。
女子生徒は少ないけれど、女子生徒でも楽しめる環境です。
3年間クラス替えがないというのも特長です。
一緒に勉強できるよう是非がんばってください!

 

第3回学校説明会は10月24日(日)予定です。

お待ちしております!

在校生からのメッセージ「学校説明会に携わってみて」

8/22(日)に第1回学校説明会が開催されました。

当日は本校の生徒9名にもお手伝いをしていただき、より円滑に学校説明会を運営することができました。

生徒の皆さん、朝早くからお疲れさまでした。そして、お手伝い本当にありがとうございました。

また他の学校行事でも、存分に活躍をしてください。

 

さて、この記事では当日にお手伝いをしてくれた2名の生徒から中学生へのメッセージを紹介します。

 

2年生 生徒:

「学校説明会ではこのコロナ禍にも関わらず、想像よりも多くの方が来校してくれていました。また、部活動見学について聞かれることも多かったです。案内をした方の中には、先生方や部活動、学食などについて質問をしてくださる方もいて、私が感じるこの学校の魅力についてお話しすることができました。ぜひこの学校に入学してほしいなと思います。」

 

1年生 生徒:

「本日学校説明会の案内をさせていただき、たくさんの方が足を運んでくださったので『さすが人気の学校だなぁ』と思いました。是非自信を持って本校を目指し、受験をしてもらえると嬉しいです! 皆さんのことをお待ちしてます!!」

  

中学生や保護者の方々の本校に対する期待の高さに驚いたようですね。その期待に応えられるような素敵な学校を一緒に作っていきましょうね!