新着情報
12/02 14:24
1年次(2021年入学)
修学旅行中の特編授業最終日に1年生は球技大会を実施しました。 大アリーナ、人工芝グラウンドの両方を使用しての球技大会は学校としても初めてであり、 広く素晴らしい環境でかつ晴天の下、団・クラスで団結してとても充実した半日になりました。 また体育委員や実施種目の部活動の生徒が計画から準備、当日の運営と、生徒中心で行われたのも良かったです。 入賞団・クラスは以下の通りです。おめでとうございます。 (バスケットボール)  優勝 緑団2組  第2位 白団1組 (サッカー)  優勝 白団1組  第2位  赤団4・5組
 11月25日(木)1年次では、住友商事様によるキャリア教育支援プログラムを実施しました。 実際に現場で働いている社員の方々にご講演いただくことで、高校で学んだことが将来どのように役に立つのかを知るきっかけを作ることができました。社員の方々の年代も幅広く、生徒のみならず、教員にとっても今後の人生を考える上で大変参考になるお話をしていただきました。 生徒たちもメモを取りながら真剣に話に聞き入っていた様子で、熱心に質問する生徒もおり、大盛況のうちに講演会を終了することができました。その後も座談会という形で、生徒が個人的に質問するなど、有意義な時間を過ごしていました。
 1年生は1学期末に租税教室として税に関する講演を聞きました。夏休みにはそれを受けて税に関する作文を書き、「税に関する高校生の作文コンクール」に応募したところ、5名の入賞者がでました。  11/26(金)、お忙しい中、川口税務署長にご来校いただき、直接受賞生徒に表彰を行っていただきました。受賞生徒は以下の通りです。おめでとうございました!   ・関東信越税理士会埼玉県支部連合会会長賞 青木彩音 「縁の下の力持ち」 ・川口税務署長賞  中澤星南 「税について考えたこと」    同      染谷箕空 「納税者への感謝」 ・川口市租税教育推進協議会長賞  青木結愛 「私たちの健康と税金」 ・川口税務署管内税務署関係団体協議会長賞 杉﨑優和 「税金の優先順位」          
 2年生が修学旅行から帰ってきました。コロナが小康状態となり無事に行ってこられました。昨年3年生が修学旅行を断念せざるを得なかったことを思うと、本当に良かったですね。  修学旅行が終わるといよいよ受験生モードに突入です。ここからは毎日、学校の授業にかかわる勉強に加えて、志望校の受験教科・科目に合わせた受験勉強をコツコツと積み上げていきます。いわゆる、”3年生ゼロ学期”の開始です。  部活動においてもますます責任が重くなってきますが、ここで頑張った経験が必ず将来の役に立ちます。高校生の時に勉学と部活動を両立させた人は、必ず周囲から頼られる人材になるのです。そのためには隙間時間に勉強をすること、長期休業中に計画的に勉強することが重要です。  まず着手することは、期末考査最終日の12月14日から、始業式前日の1月10日までの4週間、どんな受験勉強をするか計画を立てることです。これをやりぬくことが受験生デビューです。
11月25日から3泊4日で行われた修学旅行と理数科研修旅行が無事に全日程を終えました。コロナ禍により目的地を変更しましたが、自粛続きだった生徒達にとっては友と語り合える4日間となり明るい笑顔が溢れる旅行となりました。 特に、広島の原爆資料館の平和学習では、平和のありがたさや当たり前の日々への感謝の気持ちを一人一人が深く胸に刻んでくれたことと思います。 修学旅行は、若い感性に働きかける貴重な体験の場です。生徒はこの4日間を一生忘れないことと思います。保護者の皆様のご理解とご協力に深く御礼申し上げますとともに、引率した先生方とサポートして下さった添乗員の皆様にも感謝いたします。
{{item.Topic.display_publish_start}}
{{item.RoomsLanguage.display_name}}
{{item.CategoriesLanguage.display_name}}
{{item.Topic.display_summary}}