校長・副校長日誌

校長日誌 >> 記事詳細

2019/12/27

令和元年の最終日

| by 学校長
12月27日(金)今日は令和元年の仕事納めの日です。28日から新年の5日までは閉庁日となります。2学期もご支援・ご協力をいただき誠にありがとうございました。
令和2年の冬には、いよいよアリーナ棟も完成し、学校施設の整備も完成に近づきます。年末の今日も多くの方が工事に携わってくれており、3階部分までコンクリートが打ち終わっています。新しいアリーナで、生徒たちが元気よく活動する日が待ち遠しいです。


今年の大きな出来事として10月12日の台風19号で本校が避難所になったことが挙げられます。200名以上の方が本校に避難してきましたが、台風が通過した後、洪水の危険が迫り避難指示が発令されている中、8割以上の方が帰宅なさいました。
終業式では「正常性バイアス」という言葉について話をしました。人間の脳には、災害など想定外のことに遭遇した時に、心の平安を保つために「ありえない」という先入観や偏見(バイアス)が働き、物事を正常の範囲だと認識しようとするメカニズムがあるそうです。
2学期の終わりに際して、自転車による事故、日々の勉強、ちょっとしたルール違反や危険な行動などにも「自分だけは大丈夫」という正常性バイアスが働いてはいないか、自分を振り返ってみて欲しいと思います。
災害に対しては、PTA・後援会にもご協力をいただき、生徒も含めた想定で避難所としての機能の強化を図っていく計画です。しかし、学校でできることにも限りがあります。「自助>共助>公助」という言葉があります。「何とかなるだろう。誰かが助けてくれるだろう」ではなく、まずは自らの命を自らが守る意識をもつことが大切です。
年末年始、是非、ご家族で防災について話題にしていただきたいと存じます。


今学期もたくさんの生徒を表彰することができました。


最終日の今日も、進学講習会が行われ生徒は真剣な態度で学習していました。
情熱をもって熱心に指導してくれる教職員に校長としても感謝しています。

令和2年、皆様が良いお年をお迎えになることを祈念しております。
17:13 | 学校長・副校長より
PAGE TOP