お知らせ


2017/09/27

給付型奨学金を創設(9月議会のご報告)

| by 市担当

きゅぽらん  9月川口市議会定例会において、本市3大プロジェクトの1つとして関心を集めている川口市立高等学校について、「給付型奨学金」の創設など多くの質問があり、これに対して次のような答弁がありました。


【答弁】給付型奨学金について
 川口市立高等学校教育支援基金を創設し、これを活用して返済を必要としない奨学金等を給付する。奨学金については、市民や企業から広く寄付金を募って原資とする。

  • 大学進学を支援するために『給付型奨学金』を給付する。
  • アメリカ・オハイオ州フィンドレー市への『長期留学費用』の一部を補助する。



【答弁】保護者の負担軽減
(1)入学金について
 市内生は「無償」とし、市外生は県立高校と同額(5,650円) とする。
 
(2)エアコン代・タブレットPC代について

  • エアコン代の保護者負担をなくす。
  • 授業で活用する生徒用タブレットPCは学校が用意する。
    (入学時にタブレットPCを購入する必要はない。)

※なお、平成33年4月を目途に、『中高一貫校』を高校に併設するという市長の考えも表明されました。

 



14:16 | お知らせ
PAGE TOP