新着情報

SSHの取り組み

令和6年度研究テーマ発表会

5/17(金)、理数科2年次生による研究テーマ発表会が行われました。

昨年度よりこの形にして実施しましたが、1年前に上級生の様子を見学して1年。いよいよ自分たちの番です。

今年度は5限から開始しましたが、本校SSH運営指導委員の先生方にじっくりとテーマについて聞いていただき、疑問点やアドバイスをもらうことができました。

また6限には今年の1年生も参加し、先輩たちの発表をきき興味のあるテーマについて意見交換を行いました。

このテーマ発表会で洗い出された様々な点を踏まえ、中間テスト後から本格的に課題研究がスタートします。

A班:多感覚知覚について           

 A班:多感覚知覚について               B班:天然色素を利用した色素増感太陽電池の開発

           

 C班:セイダカアワダチソウによるカフェ酸製造の研究  D班:圧電素子による靴底発電

           

 E班:藻類からインクをつくる             F班:木質バイオマスによるエタノールの生成

              

 G班:ハチノスツヅリガの湿度によるプラスチック分解の変化  H班:二酸化炭素の吸着

     

 I班:うま味と4味による唾液分泌量の変化           1年生による見学

課題研究テーマ発表会に向けて

1年生がエッグドロップを行っている裏で、2年生は来週に迫った課題研究テーマ発表会に向けそれぞれ作業を行っていました。

各チーム、主体的に「研究」に向けてリサーチクエスチョンから方法まで答えのない問いを考えるプロセスを体感し、試行錯誤していました。しっかりと自分たちの「問い」を説明できるよう、あと1週間頑張っていきましょう。

・このたまねぎからどんな研究が?

Science English "Egg Drop Day4"

5月10日(金)、毎年恒例の理数探究Ⅰのユニット「Science English」のエッグドロップを実施しました。

理数科オリエンテーション時に各CIRと共同して作成した作品を、生卵を使って実際に落としてみる日です。

それぞれ計画通りになったかどうか、うまく行った点といかなかった点も含め次回にしっかりと振り返りを行いましょう。

 ・まずは3階からdrop     ・次は4階       ・最後に5階      ・今年のチーム名

    

    

・割れてしまった卵の清掃中     ・ラストdropに向け作戦会議    ・休み時間のギャラリー

令和6年度理数科オリエンテーション2日目

本日は1限に科学の甲子園オリエンテーションを行った後、2~7限で中部大学井上先生による科学プレゼンテーション講座を実施しました。

明快な井上先生のトークをお手本に(!)生徒たちもぐんぐんと表現力が上がっている様子が見えました。

非常に濃密な6時間だったため、終了後はやや疲れた様子も見えましたが、やり切った表情が印象に残りました。

また7限後には、2年理数科代表生徒による理数科紹介を行いました。

積極的に質問をする後輩に、2年生もちょっとたじろぐ様子も見えましたが?大人の対応でしっかり切り返していたところはさすがの貫録を見せつけてくれました。ぜひ一緒に、新しい川口市立高校理数科を作り上げていってほしいものです。

    

 

令和6年度理数科オリエンテーション1日目

本日より今年度の理数科オリエンテーションが始まりました。

初日である今日は、1限に開講行事として校長先生、理数科長、政策アドヴァイザーより講話を行った後、2~4限目にお茶の水女子大学植竹先生による実験基礎講座、5・6限には東京大学堀先生によるアクティブラーニング講座、7限には本校CIRによるScience English講座を行いました。

一日を通して、理数科としての意識とクラスの団結が深まったようでした。明日も頑張りましょう!

実験基礎講座①

  実験基礎講座

  アクティブラーニング講座

  Science English講座

1・2年次理数科 プナホウ高校 相互研究発表会

3月12日(火)1,2限に、1・2年次理数科は、プナホウ高校と相互研究発表会を実施しました。

今年度の海外研修で訪問したプナホウ高校に、課題研究の最終成果を発表しました。また、プナホウ高校の生徒は、授業で行っているフィールドワークの成果を発表しました。

2年次理数科は、10月に出会った先生や生徒を懐かしむ様子が見られました。英語でのプレゼンテーションは以前よりも内容が濃くなり、またハワイからの質問に英語で答えることもできました。

1年次理数科は、日本とハワイの文化の違いに驚いている様子でした。来年度に海外研修があるという自覚を持ち、今後の英語学習のモチベーションにつなげられるといいと思います。

本日の相互研究発表会に携わっていただいた皆様方、ご協力ありがとうござました。

理数科2年次物理特別講座

3月7日、8日に2年次理数科を対象に物理特別講座「音と音楽の物理」が行われました。

生徒たちは今学期物理の授業において学習した波に関して学習しました。

1時間目の講義では音叉とオシロスコープなどを用いて、たくさんの実演を交えながら学習した知識と物理現象を結びつけることができました。

2時間目の講義では、音階の仕組みと種類を学びました。また、実際の楽器を観察し、管楽器と弦楽器の音の出る仕組みの違いを学びました。

改めて、日常的な現象は科学で説明できることを実感した講義になりました。

1年次理数科 化学分野実験講座

3月5日(火)に、1年次理数科は化学分野実験講座を受講しました。

お茶の水女子大学の植竹先生をお招きして、クロマトグラフィーの実験講座を開いていただきました。

クロマトグラフィーは固定相と移動相の相互作用を利用する分離方法です。今回は、黒いインクを水とメタノールを使って分離してみました。結果がこちら。

 

 

 

 

 

 

この結果から、「メタノールを使用して赤色を観察する」ことに焦点をあて、2回目の実験を行いました。2回目の実験では生徒自身が仮説をたて、実験計画を作成し、実行しました。研究するときの仮説→実験→考察のステップを学び、2年次から本格的に始まる課題研究に活かしていきます。

植竹先生ありがとうございました

(最後の写真は、ある班の2回目の実験結果です)

1・2年次理数科 物理分野実験特別講座

2月15、16日に、1・2年次理数科は物理分野実験特別講座を受講しました。

テーマは「虹の不思議」です。

LED、白熱灯、太陽光など身近にある光を分光器で観察し、光源のスペクトルを分析しました。

見た目は白い光でも、様々な色の光が集まって白色に見えています。分光器によってどんな色の光から構成されているのかを分析できます。プリズムも分光器の役割をするため、白い光から虹が観察できるのです!

 

 

 

 

 

 

身近な「虹」という現象に焦点をあてた実験でしたが、光を調べることで宇宙に存在する星の構成物質を調べることも可能だそうです。何ともスケールが大きい話ですね・・

身近な現象も、突き詰めれば大きなことにつながるかもしれない。とてもロマンのある実験講座でした!

探究活動生徒発表会

12月26日に日本薬科大学にて行われた埼玉県探究活動生徒発表会に理数科2年生が参加してきました。

今年度理数探究にて行なっている研究内容をポスターやスライドにまとめて、県内の探究活動を実施している高校の生徒、教員、指導助言の日本薬科大学関係者の方々に向けて発表しました。

ポスター発表では、それぞれ与えられた時間で興味を持ってくれた方々に向けてプレゼンを行いました。最終発表に向けて、様々な視点から助言や質問をいただきました。

口頭発表では、多くの生徒、教員、見学者に向けて発表しました。多くの見学者の中質疑応答にも立派に答えており、これまでの努力がよく見えました。

今回の経験を活かして2月の最終発表に向けて準備を進めていきます。

生徒の皆さんお疲れ様でした!

1年次理数科メダカ透明骨格標本づくり(後半)

 1年次理数科のメダカ透明骨格標本づくりは、12/22(金)に最終日を迎えました。

 

 完成品がこちら!

 

 

 

 

 

 

 

 

前半では青いメダカの写真を撮りましたが、完成したメダカは骨が赤く染まっています。

気泡が残ってしまったため浮いているメダカ、青いメダカの名残があるメダカなど班によって出来は様々ですが、全ての班が透明標本を完成させました!

透明標本をつくる機会は貴重で、次は無いかもしれません。しかし、複雑な作業をやり切った達成感、次こそはもっといいものを作りたいという向上心を生徒には忘れないでほしいと思います。

 

1年次理数科の皆さん、お疲れ様でした!

1年次理数科メダカ透明骨格標本づくり(前半)

11月下旬から1か月間、1年次理数科は放課後を使ってメダカの透明骨格標本づくりに取り組んでいます。

 

班ごとに取り組んでいますが、複数ある作業を班の中で分担しています。作業の終わりにその日の作業とメダカの様子を記入し、次の担当者に引き継ぎます。日によっては、1人で取り組んでいる生徒もいました。自分で説明を読んで理解し、作業する必要があるため、生徒一人一人が責任をもって取り組んでいます。

 

後半の様子は、最終日に投稿します。お楽しみに!

1年次理数科つくば研修

11月24日(金)に1年次理数科つくば研修が行われました。

午前中は、産業技術総合研究所の見学や、日本とハワイの火山の違いに関する講義を受講しました。午後は、物質・材料研究機構(NIMS)、筑波大学プラズマ研究センターを訪問する班に分かれ見学しました。

午前の見学では、地質標本館を訪れました。特に鉱物の展示では、ご講義いただいた川邉先生の解説を聞きながら見学をすることができました。鉱石は美しいだけでなく、人々の暮らしと密接に関わってきたことを学びました。

 

 

 

 

 

 

午後の見学では、生徒が事前に学習していた分野をより深めることができました。自分で捕獲した虫を顕微鏡で観察したり、数十億円もする機械を見学したりと貴重な体験ができました。

 

 

 

 

 

 

これらの貴重な体験をどのように活かすかは生徒次第だと思います。今後の生徒の成長にご期待ください!

川邊先生をはじめ本日の研修に携わっていただいた皆様方、ありがとうございました。

科学の甲子園埼玉県予選

11月18日土曜日に行われた科学の甲子園埼玉県予選に本校理数科から2チームが出場してきました。

今年はコロナによる制限も緩和され各校2チームが参加できるようになったため理数科1・2年生からそれぞれ1チームが出場しました。

2週間ほど前から事前に提示されている実技課題に取り組み、チームで座学の準備も進めてきました。

結果、1年生チームが実技の部で1位のチームに一歩及ばなかったものの、特別賞を受賞することができました!

試行錯誤を繰り返して実験すること、共同して難問にチャレンジすることができたことは貴重な体験になりました!

 

お茶の水女子大学研究室訪問・講義等体験

10月27日に、本校1年次理数科はお茶の水女子大学を訪問しました。

前半は名誉教授の最上先生にご講義をいただき、後半は研究室の学生の案内によりキャンパスや研究室を見学しました。また、課題研究でお世話になっております植竹先生にも案内をしていただきました。

キャンパス見学では、大学で飼育しているヒトデに触れたり、実験室内の実験器具を見学したりすることができました。その中でも、特に生徒の興味を引いたのが千葉先生による実験見学です。マイクロ単位、ナノ単位の実験器具を実際に作り、それを用いて実験する様子を観察することができました。生徒たちは、小さすぎる世界の実験に驚いているようでした。

一般的な大学見学では立ち入れない場所まで見学をすることができました。今後の課題研究や進路選択への良い刺激になったと思います。

本日の大学訪問に携わっていただいた皆様方、ご協力ありがとうございました。

海洋生物実習

10月20日に本校生物実験室にて理数科1年次を対象にヒトデを用いた海洋実験実習を行いました。

講師にお茶の水女子大学から千葉先生をお招きし、ヒトデの減数分裂・放卵・受精の観察を行いました。

千葉先生による講義はわかりやすく、これから行う実験への興味を高めてくれるものとなっており生徒同士での議論や先生への質問も活発に出ていました。

実験も多くの生徒が成功させることができ、一連の流れを観察し見つけにくい極体の観察もできていました。

生徒は個人のスマートフォンで観察したものを撮影するなどして楽しんでいる様子でした。

今回の講義にて生物実験の基本的な手法を学び、また普段の授業とは雰囲気の異なる大学の講義スタイルを体感することができました。

 

2年次理数探究中間発表会

10月6日に本校にて2年次理数探究の中間発表会が行われました。

本校のSSH運営指導委員の先生方をはじめとして、学校外からお招きした大学の先生方や本校教員、理数科1年生などに対して、5月に行われたテーマ発表会以降行ってきた研究について各班がポスター発表を行いました。研究の進捗状況は班ごとにまちまちでしたが、質疑応答の様子からこれまでの期間もしっかりと研究を続けてきたことがうかがえ、充実した発表会となりました。

2月には生徒研究発表会として、1年間の研究の成果を発表します。

様々な視点からいただいたご意見・ご指摘をもとに残りの期間の研究に取り組んでいきます。

SSH生徒研究発表会

8月9日、10日に神戸にて開催されたSSH生徒研究発表会に参加してきました。

昨年度の理数探求の授業で研究した内容のうち、校内の選考で最も優秀であると認められた3年生のグループが全国のSSH指定校の代表者が集まる場にてポスター発表を行ってきました。

全国から集まった生徒や審査員の先生方に対して、自分たちが昨年度行ってきた研究の内容についてプレゼンテーションし、様々な質問に対して的確に回答していました。

また、本校生徒も他の参加校の研究発表を見学し、質問や意見交換など交流を行っていました。全部で200校以上の学校が参加しており、気になる発表ばかりで時間が足りない!といった様子でした。

会場内のいたるところで同じ興味関心を持つ生徒同士が熱い議論を交わしている姿が見受けられ、大きな刺激を受けました。見学で参加した2年生は今年度の理数探求の授業で研究を行っている真っ只中でもあり、今後の探究活動に向け、良いヒントが得られたようです。

発表を行った3年生は、これにて昨年度からの研究がひと段落です。長い間お疲れさまでした!!

 

日本科学未来館研修

7月15日に理数科1年次生による日本科学未来館研修が行われました。

1学期の間に行われた科学プレゼンテーション講座で学んできたプレゼンテーションのための学び方や、発表の手法をさらにレベルアップさせることを目的に本研修は実施されました。午前中は、5階常設展示ゾーン『世界をさぐる』にてそれぞれが異なるブース展示の内容を学び、集合して学んだ内容を同じグループのメンバーにプレゼンテーションを行いました。

午後は、1階特別展示や3階常設展示などの自由見学を行っていました。午前中の活動でほかのメンバーから聞いた展示内容に興味を持ち、その展示に行ってみる生徒もいました。

理数科では今後もプレゼンテーションスキルを実践する場面がたくさんあります。

どんどん上達していくのが楽しみです!

エッグドロップ実験

本日、本校理数科の1年生は英語によるエッグドロップ実験の本番を行いました。

4月に開催されたScience Englishでは、生卵を高所から落としても割れないように、割り箸やストロー、風船などを用いて装置を作りました。その際は卵の模型を使用しましたが、今回は生卵を使って実際に落とす実験をしました。

成功した班、途中で割れてしまった班と実験結果は様々でしたが、英語を通じて試行錯誤の難しさ、そして楽しさを感じることができました。また、実験結果に満足するだけでなく、改善してより良いものにしようという姿勢も見られました。

第2回科学プレゼンテーション講座

5月27日(土曜日)、本校理数科の1年生は科学プレゼンテーション講座を受講しました。

前回に引き続き、中部大学の井上先生をお招きし、NIMSが開発した最新材料について講義をしていただきました。生徒は初めて見る材料に関して興味を持つだけでなく、どのように応用できるのかまで議論しました。

また、生徒の意見として「身近なものから発想を得るためには、普段の生活から物事を注意深く観察することが大切」という意見も多くみられました。日常生活の大切さを学ぶ良い機会になりました。

井上先生ありがとうございました。

 

 

課題研究テーマ発表会

5月26日に2年生による課題研究テーマ発表会が開催されました。

生徒たちは班ごとにブースを設置し、研究テーマを発表しました。本校1年生も発表を見学し、先輩方の研究を熱心に聞く様子が見られました。質疑応答も活発に行われ、一人ひとりが積極的に自分の研究に取り組もうとする姿勢も印象的でした。

また、ご来校された皆様からもご意見をいただきました。生徒たちは先生方の助言を踏まえ、現在の研究計画を見直すことができました。

10月には中間発表会が行われる予定です。ここでの指導・助言をもとに本格的に課題研究に取り組んでいきます。

ご来校された先生方、ありがとうございました。

 

 

課題研究概論

4月28日に理数科2年生を対象にお茶の水女子大学の嶌田先生から「研究について」のテーマでご講演いただきました。

この春からグループに分かれて研究を開始した生徒たちは、さっそく困っていること、悩んでいることがある中で嶌田先生から研究の方針の立て方や、データの処理についてお話しいただき来月のテーマ発表会に向けて自分たちの考えを深めることができました。

講演後には先生に質問しているグループもあり、大変勉強になりました。

嶌田先生ありがとうございました。

理数科オリエンテーション3日目

3日間にわたる理数科オリエンテーションは本日最終日でした。

今日は「Science English講座」「電子顕微鏡講座」「課題研究概論」を行いました。

「Science English講座」では昨日の話し合いをもとに、実際に卵を落として割れないようにする機械の作成を行いました。いくつかのグループは疑似卵を落下させる実験まで進んでいました。次は6月に本物の卵を落とす実験を行います。

「電子顕微鏡講座」では、日立ハイテク様よりお借りしている走査型電子顕微鏡に関する基本的な知識を学び、通常の顕微鏡との差を学びました。事前に用意してきた犬の毛などの様々なものを走査型電子顕微鏡で見てみました。これからの課題研究に活用したいと考える生徒の声もありました。

「課題研究概論」ではお茶の水女子大学の植竹先生と嶌田先生から研究とはについて講義を受けました。2年次に行う課題研究に向けて身近な興味のあるものをより深めていくことの大事さを学ぶことができました。

理数科オリエンテーション2日目

本日、理数科オリエンテーション2日目を迎えました。

午前は本校CIRによるScience English講座、 お茶の水大学の植竹先生をお招きした実験基礎講座を行いました。また、午後にはデータの統計的取扱いに関する講座を行いました。

実験基礎講座では実験器具の使い方を学んだ後、それらを使った中和滴定を行いました。一人一人が実験を行い、各データを比較・検討することでより良い実験結果を得ることができました。

データの統計的取扱いの講座では、確率統計の基本的な考え方とエクセルの操作を学びました。慣れていない様子でしたが、積極的に取り組む姿勢が見られました。

理科の楽しさを学ぶだけでなく、これから必要になる力が明確になる学びの多い講座となりました。

植竹先生、ありがとうございました。

明日は「Science English講座」「電子顕微鏡講座」「課題研究概論」を行い、閉講を迎えます。

理数科オリエンテーション1日目

4月26日から3日間の理数科1年生を対象とした理数科オリエンテーションが始まりました!

初日は開校行事から始まり、中部大学の井上先生をお招きして科学プレゼンテーション講座を行いました。

科学プレゼンテーションとはなんなのか、人に伝えるために大事なことは何かといった内容から始まり、生徒たちは実践を重ねていくことで徐々に上達していきました。

今後も様々な行事の中で生徒はプレゼンを行っていくことになり、その基礎の力を身に着けることができました!

井上先生ありがとうございました。

明日は「Science English講座」、「実験基礎講座」、「データの統計的扱い」を実施します。

ポスター発表会

3月13日に本校小アリーナにて理数科課題研究のポスター発表会が行われました。

課題研究発表会で指摘された内容を踏まえて英語のポスターを作成し、英語でのプレゼンテーションを行いました。それぞれが1年間の取り組みを詰め込んだ渾身のポスターでした。

会場では本校1・2年生や教員が生徒の発表を聞きました。実験器具を示しながら説明するなど工夫を凝らした発表ばかりで、聴衆からの質問にも真剣に答えている生徒の様子が印象的でした。

これをもって1年間行ってきた課題研究は一区切りとなります。皆さんお疲れさまでした!!

SSH課題研究発表会

2月3日に本校大ホールにてSSH課題研究発表会が行われました。

理数科2年生が1年間行ってきた研究の総まとめとして、本校SSH運営指導委員の先生方、理数科1・2年生に向けて各研究グループごとに発表を行いました。それぞれのグループが試行錯誤の過程や、研究への取り組みがよく見える発表を行っていました。

先生方からは様々な質問やご意見をいただきました。発表した生徒たちはそれぞれが取り組んできたことをもとに緊張感のあるやり取りを行っていました。

限られた質問時間の中で1年生からもたくさんの質問の手が挙がっており、来年取り組む課題研究に向けて真剣に聞いていました。

この後は3月に行われるポスター発表に向けて、いただいたご指摘などをもとに取り組んでいきます。

本日ご来校いただいた先生方、ありがとうございました。

知の協創 実践学講座 

1月28日(土)に行われた、東京大学 教育委環境デザイン研究所CoREF 主催の、

知の協創 実践学講座「物理を学ぶ、物理を作る~高校物理から宇宙研究の最先端へ~」に参加しました。

まず、堀先生の指導の下、理論と観測結果の矛盾(力学的質量と光学的質量の差、恒星の公転運動とケプラーの第3法則、重力レンズ)について、ジグソー法などによるグループ活動をとおして、どのような理由があるのかを考察しました。

その後、解説講義、質疑応答を行い、課題に対する理解を深めました。

その後、村山斉先生の講演を視聴した後、村山先生と直接、質疑応答を行っていただきました。

難しい内容でしたが、ジグソー活動による話し合いを通して、生徒たちは考えを深めることができました。

村山先生の質疑応答では、丁寧な回答をしていただくとともに、励まし、お褒めの言葉もいただき、一生の記憶に残る体験になりました。

 

複数の会場をzoomでつないでの講座となっていて、他校の参加者の発言も聞くことができ、知的好奇心を刺激され、活発な意見交換が行われる充実した時間となりました。

ありがとうございました。

 

 

湾岸生物探求講座

1月28日(土)に、お茶の水女子大学湾岸生物教育研究所 清本先生、お茶の水女子大学 植竹先生の御指導の下、

湾岸生物探求講座が開かれました。

千葉県館山市の研究所から、ヒトデ、ムラサキウニ、バフンウニを送っていただき、

それらの観察、特にウニの発生の観察を行いました。

ウニの採卵、受精を行い、受精卵の分割を観察しました。

また、誕生後、数日たったウニも送っていただき、プリズム幼生、プルテウス幼生の観察も行いました。

さらに、生物の分類について、教えていただきました。

参加した生徒は、受精卵の成長の速さに驚き、プルテウス幼生の姿に感動し、

と、生物に対する興味を深め、探求心に火が付いたようでした。

清本先生、植竹先生ありがとうございました。

 

 

  

 

 

 

メダカの透明骨格標本づくり

 理数科1年次の理数探求の活動として「メダカの透明骨格標本づくり」を行いました。

 11月11日~12月14日の約一か月をかけて班ごとに標本をつくりました。講義3回に加えて、当番を決めて作業を行いました。すべての班が当番を守って同じタイミングで標本を完成させることができました。11月25日に行われた2回目の講義では、中部大学の井上先生、長谷川先生にzoomでご参加いただき、透明骨格標本についての質問に答えていただきました。ありがとうございました。

 標本づくりの中で、科学実験の基礎となる実験器具の使い方や薬品の使用目的の理解、適切な使用方法を学びました。また、長期にわたる実験と観察を行う初めての機会であったため、来年度の課題研究に向けて継続的な実験の経験を得ることができました。

科学実験実習

12月17日に理数科1年生を対象として、講師にお茶の水女子大学から植竹先生をお招きして科学実験実習を行いました。

内容は水性ペンのインクをペーパークロマトグラフィーで展開し、色を分離する実験でした。実験前の講義では、授業で知識だけあったクロマトグラフィーという分析の手法が実際の研究の場でも利用されていることなどお話いただきました。

実験は普段の授業で行うものとは異なり、生徒が自ら立てた仮説を実証するためにはどのような実験を行えばよいかを考えて実験を行いました。実験室にある器具を最大限活用して各グループがそれぞれ違ったアイデアで実験を行っており、生徒の発想力に感心させられました。

仮説・検証・考察の流れは2年次に行う課題研究において必要な技能であり、今回の実習ではその流れを学ぶことができました。

植竹先生ありがとうございました!

 

課題研究中間発表会

 12月2日(金)本校大ホールにて「課題研究中間発表会」を行いました。

 本校では2年次理数科の生徒は7つの班に分かれて課題研究を行っています。今回の発表では、夏休みや2学期の授業の中で実際に行った調査や実験の結果をスライドにまとめて発表しました。1年次理数科の生徒も参加し、来年度の課題研究に向けて先輩の姿から研究に対する熱意や姿勢を学ぶことができました。

 当日は、SSH運営指導委員より永澤先生、山口先生にご来場いただき、井上先生、櫻井先生にはZoomをつないでご講評をいただきました。また、お茶の水女子大学より植竹先生、川口市教育局より栁𣘺様にもご来場いただき、ご講評をいただきました。実験の結果に対する考察の仕方や、今後の実験方針など具体的なアドバイスをいただくことができ、最終発表に向けて足りていない点を知ることができました。 

 これからは論文作成、ポスター作成とこれまでの探究活動をまとめていく時期になります。成長した姿を見せられるように、活動に励んでいきます。

お茶の水女子大学研究室訪問

11月18日(金曜日)に理数科1年生がお茶の水女子大学の研究室訪問に行ってきました。

研究室訪問の前に、お茶の水女子大学名誉教授の最上先生による講義を受けました。

実際に大学1年生が受講する生物物理学の内容を高校生向けにかみ砕いてお話しいただきました。

内容は生物・物理・数学・工学の様々な視点から生き物をとらえるというお話で、生徒は興味深く講義を聴いている様子でした。講義後も複数の生徒が質問したり、板書を見ながら考えを共有している様子が見られました。

講義のあとは大学院生によるキャンパスツアーと研究室見学でした。

実際の研究の現場を生で見て、大学院生の方と直接お話することでたくさんの刺激を受けたようです。

お世話になった先生方・大学院生の皆さんありがとうございました!

つくば外部研修

10月28日(金)に理数科の1年次を対象とした「つくば外部研修」を行いました。

午前は「産業技術総合研究所」にて川辺先生にご講義をしていただきました。「日本の火山」について、学校では学ぶことのできない研究者からの視点で火山の特徴や分類を学ぶことができました。

 

 

 

 

 

 

その後、同敷地内にある「サイエンス・スクエア」「地質標本館」を見学しました。どちらの展示も充実した内容で、生徒からは時間が足りなかったという声が多く上がりました。「地質標本から過去を学び、最新技術から未来を学ぶ。」ここでしかできない経験をすることができました。


午後からは2つのグループに分かれて「筑波大学プラズマ研究センター」「物質・材料研究機構(NIMS)」にてそれぞれ研修を行いました。

 「筑波大学プラズマ研究センター」では、ご講義と「GAMMA 10」の見学をさせていただきました。プラズマについての知識が深まると共に新たな疑問が湧き、さらに調べてみようという原動力になりました。

「物質・材料研究機構(NIMS)」では、さらに4つのグループに分かれて「超電導」「バイオミメティクス」「ヤシガニ」「超撥水」の研究室で研修を行いました。どのグループも研究の理論を理解するだけでなく、その研究によって何を作ることができるのか、何に役立つのかという研究者からの視点を学ぶ機会になりました。

11月4日(金)の7限に事後学習として、自分の経験をクラスメイトにプレゼンしました。今回の研修は全ての生徒が同じ体験をしたわけではないので、これまでに練習してきたプレゼンテーションの方法を活かして知らない人に伝わるように工夫しました。

 

科学の甲子園

11月5日に埼玉県総合教育センターにて開催された科学の甲子園埼玉県予選に本校生徒5名が出場しました。

出場に向けて生徒は放課後に集まって、遅くまで事前課題に取り組んでいました。

(事前課題のプロペラカーを作成している様子。熱心に試作を繰り返していました)

大会当日には事前に設計していたプロペラカーも無事に完走し、筆記試験もチームで協力して取り組んでいました。

(会場でプロペラカーを作成している様子。この後の本番でも無事に走らせることができました)

結果は上位大会進出とはなりませんでしたが、来年も参加したい!!という生徒もおり、参加した生徒たちは今回の大会を楽しんでいたようでした。

理数講演会

11月2日に本校小ホールにて理数講演会が行われました。

講師に東京工業大学から多久和理実先生をお招きし、「科学者たちが残した言葉を読む」についてご講演いただきました。

東京工業大学のカリキュラムに関するお話から始まり、先生の研究に関するお話を生徒にもわかりやすくお話しいただきました。

特に虹の色の数についての話題は生徒にとって好奇心が刺激される話題だったようで、講演後も楽しそうに議論している生徒も見られました。

多久和先生ありがとうございました!

海洋生物実習

10月21日に本校にて理数科1年生対象の海洋生物実習が行われました。

お茶の水大学の先生をお招きし、直接指導のもとでヒトデの発生を観察しました。

卵巣にホルモンをかけて卵子が出てくる様子や、出てきた卵子に精子をかけて受精していく一連の様子を顕微鏡で観察しました。

生徒は積極的に質問しており、実験を通して新たな疑問や興味を持ったようです。

11月にはお茶の水大学に訪問して今回の内容をさらに深めていきます。

お茶の水大学の先生方ありがとうございました。

 

海洋生物探究合宿最終日

合宿最終日です。

昨日までの活動に引き続き、「ウニの発生」の観察を行いました。

プルテウス幼生まで成長した様子を確認できました。

 (骨片の画像です。)

 

この3日間の活動を通し、書物の中の世界を、目の前で、顕微鏡を通して観察することができました。

参加者それぞれが大きな感動を覚え、今後の活動に活かしていくことでしょう。

お茶の水女子大学の先生方、ありがとうございました。

 

海洋生物探究合宿2日目

今日も、昨日に引続いての「ウニの発生」の実験観察、生物の分類についての講義、磯辺での海洋生物の採集、観察、ナメクジウオの観察と充実した内容でした。

昨日、受精したウニは、今日の夜にはプリズム幼生まで、成長しました。

(これは、8細胞期)

磯辺ではホンヤドカリ、ヒザラガイ、ムラサキウニ等、数十種類の生物を採集出来ました。

頭索動物亜門のナメクジウオです。

(頭部です。横に走っているのが脊索です)

 

 

 

海洋生物探究合宿

8月15日から、千葉県館山市にあるお茶の水女子大学海洋生物教育研究所において、海洋生物探究合宿を行っています。

初日は「ウニの発生」の実験観察、海ホタルの採集、観察を行いました。

 

電子顕微鏡

7月21日に、株式会社日立ハイテクの理科教育事業の一環として、電子顕微鏡を校内に設置していただきました。

最新式の、TM4000ⅡPlusです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生徒向けの講習会をおこなっているのですが、操作方法がとても分かりやすく、生徒もどんどん使用方法を覚え使いこなし始めています。生徒が撮影した画像をいくつか紹介します。

ハエの複眼100倍 ハエの足先2000倍

髪の毛1000倍  付箋紙2000倍   です。

 

今後、さらに使用方法に習熟し、課題研究等につなげていきます。

 

 

 

 

 

 

 

日本科学未来館研修

7月16日(土)に1年次理数科の生徒を対象として「日本科学未来館研修」が行われました。

4月26日~28日に校内で行われた「理数科オリエンテーション合宿」、6月4日に行われた「科学プレゼンテーション講座」で学んだ事を実践するために日本科学未来館に行ってきました。5F常設展示ゾーン『世界をさぐる』の内容について事前学習や館内の表示、科学コミュニケーターへの質問を積極的に行い、班員に対してプレゼンテーションしました。午後の自由学習では3F常設展示ゾーン『未来をつくる』や6F『ドームシアター』にも足を運んで多くの分野の最先端の研究・技術に触れることができました。

理数科では今後も学んだ事を発信するということを習慣にしていきます。

 

課題研究中間発表会

7月8日に2年次理数科課題研究中間発表会が行われました。

全8班が本校大ホールにて、これから本格的に取り組んでいく課題についてプレゼンテーションを行いました。各班工夫を凝らした発表で、質疑応答も盛り上がりを見せていました。お忙しい中zoomでの参加していただきました本校SSH運営指導委員の先生方にご講評いただき、生徒の発表に対して専門的立場でご助言をいただきました。今後の研究活動に生かしていきます。

また1年次理数科の生徒も発表を見学し、来年に向けて真剣な様子で聴講していました。

来年2月には課題研究発表会があり、これからそこへ向けて生徒は本格的な研究に着手していきます。

科学プレゼンテーション

6月4日に第2回科学プレゼンテーション講座が開催されました。

4月に行われた理数科オリエンテーションに引き続き中部大学の井上徳之教授をお招きし、今後行われる日本科学未来館研修やつくば外部研修に向けて、それぞれが興味を持ったテーマごとの短い動画を視聴し内容をまとめ、生徒同士で発表しました。

限られた時間の中で生徒はいきいきとした様子で活動し、次々にお互いの発表の良いところを見つけあっているのが印象的でした。

井上先生ありがとうございました。