SSH

川口市立高校のSSH

Society5.0に向けた⼈材育成で重視される STEAM 教育を、教科間連携・校外連携を含む幅広い分野の総合的・探究的な学習に位置付けて促進するため、その総合的な取組となる「課題研究」を授業として実施するためのカリキュラムを開発します。開発した連携⼿法や指導法・教材などの成果を校内・校外に発信し、普及展開のための科学連携システムを構築します。まず、理数科での研究開発を先⾏実施し、そこで開発した⼿法をもとに普通科での研究開発を展開します。

対象は、理数科・普通科・スポーツ科学コースすべての生徒です。

04 川口市立高等学校SSH全体計画.pdf

R6 理数探究ⅠⅡⅢ 年間計画.pdf

新着情報

SSHの取り組み

科学プレゼンテーション講座②

6/1(土)午後、中部大学井上先生をお招きして第2回の科学プレゼンテーション講座を行いました。

今回は前半に国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)のホームページコンテンツの一つ、未来の科学者たちへを教材に様々な物質の「研究」について、そしてそれらを行っている「研究者」について井上先生の講義を受講しました。

今回は超電導、超撥水材料、ダイヤモンドと熱伝導、そしてヤシガニのハサミから新材料を生み出そうとする研究者ハエの脚をヒントに新たな接着材料を開発する研究者について紹介いただき、そこから「研究とは何か?」について多くを学びました。

そしてこの内容をもとに、各自がプレゼンテーションを組み立て相互に練習し、最後に代表者4名がみんなの前で発表しました(この4名はチャンスの神様の前髪を積極的につかみに行きました!)。

今回の内容は、9/20(金)に実施予定のつくば研修ともリンクしています(上記の研究者は昨年度、実際に2年生が訪問した方々です)。「研究者の手法から学ぶ」が川口市立高校のSSH開発課題です。それぞれの研究者からどんなことを聞いてみたいか、各自主体的に考え、実りのある研修にしていきましょう。

  

  

・動画からの学び         ・身近な最先端技術        ・NIMSの研究からの学び

・様々な科学に関する動画を見てみて

課題研究再開

テーマ発表会から2週間、中間考査も終わり各チーム課題研究が再開されました。

それぞれ指摘されたことを受けてさらに調査を続けているチーム、より自分たちの方向性が固まり実験に取り掛かるチーム、研究することの難しさを感じながらも、主体的に行動する様子が見られました。

この『考えるプロセス』を大事にするのが、川口市立高校の探究活動です。

まだまだ始まったばかりですが、自らの思索を深めていけるよう、チームワークを発揮して課題に取り組みましょう。

・スマホを解体しているB班の様子

・二酸化炭素計測中のH班。この後、予測と違うことが起きてしまいましたがそれもまた実験です。

・G班のハチノスツヅリガの幼虫と自作の温度・湿度センサー

令和6年度研究テーマ発表会

5/17(金)、理数科2年次生による研究テーマ発表会が行われました。

昨年度よりこの形にして実施しましたが、1年前に上級生の様子を見学して1年。いよいよ自分たちの番です。

今年度は5限から開始しましたが、本校SSH運営指導委員の先生方にじっくりとテーマについて聞いていただき、疑問点やアドバイスをもらうことができました。

また6限には今年の1年生も参加し、先輩たちの発表をきき興味のあるテーマについて意見交換を行いました。

このテーマ発表会で洗い出された様々な点を踏まえ、中間テスト後から本格的に課題研究がスタートします。

A班:多感覚知覚について           

 A班:多感覚知覚について               B班:天然色素を利用した色素増感太陽電池の開発

           

 C班:セイダカアワダチソウによるカフェ酸製造の研究  D班:圧電素子による靴底発電

           

 E班:藻類からインクをつくる             F班:木質バイオマスによるエタノールの生成

              

 G班:ハチノスツヅリガの湿度によるプラスチック分解の変化  H班:二酸化炭素の吸着

     

 I班:うま味と4味による唾液分泌量の変化           1年生による見学

課題研究テーマ発表会に向けて

1年生がエッグドロップを行っている裏で、2年生は来週に迫った課題研究テーマ発表会に向けそれぞれ作業を行っていました。

各チーム、主体的に「研究」に向けてリサーチクエスチョンから方法まで答えのない問いを考えるプロセスを体感し、試行錯誤していました。しっかりと自分たちの「問い」を説明できるよう、あと1週間頑張っていきましょう。

・このたまねぎからどんな研究が?

Science English "Egg Drop Day4"

5月10日(金)、毎年恒例の理数探究Ⅰのユニット「Science English」のエッグドロップを実施しました。

理数科オリエンテーション時に各CIRと共同して作成した作品を、生卵を使って実際に落としてみる日です。

それぞれ計画通りになったかどうか、うまく行った点といかなかった点も含め次回にしっかりと振り返りを行いましょう。

 ・まずは3階からdrop     ・次は4階       ・最後に5階      ・今年のチーム名

    

    

・割れてしまった卵の清掃中     ・ラストdropに向け作戦会議    ・休み時間のギャラリー

更新履歴
トピックがありません。