男子ソフトテニス部

活動紹介

 「目指せ日本一」をスローガンとし、インターハイ団体戦出場を目標に日々練習に取り組んでいます。部員の大半は中学時代からソフトテニスに取り組んでいる生徒であり、通常の練習プラス各自で課題を設定し取り組むことで、目標達成を目指しています。
 また、一日一善活動などの奉仕活動を通して人間性を養い、社会に出てからも通用する人間を育てていきます。

活動予定

 活動日・時間

平日 16:00~19:00 (平日において週1日休養日)
休日  8:30~12:00 (土日どちらか1日休養日)

活動報告

右活動報告はこちら

新着
6月11日、16日にインターハイ予選が行われました。 団体戦で準優勝という素晴らしい結果を収めました!   11日に行われた個人戦では、どのペアも結果が出ず、悔しい思いをしました。上位8ペアが出場となるインターハイを目指していたので、大会後はなかなか立ち直れない様子もありました。何とか立て直そうとキャプテン中心に取り組みました。しかし調子はなかなか上がらず、大会当日を迎えました。   1回戦 ③―0 上尾南 初戦の相手は同じ地区の上尾南高校でした。地区大会でも勝ったことのない相手で、エースペアは個人戦でインターハイに出場する、素晴らしいチームです。そのような相手に対し、杉野・田部井ペアは、ファイナルゲームの大接戦をものにし、チームに勢いをつけてくれました。永島・巴ペアはエース対決で向かっていく姿勢で戦い抜きました。鈴木・齋藤ペアはラリーが長く続く緊張感の中で、修正を繰り返しながらポイントを重ねました。   2回戦 ②―0 越谷北 続く越谷北との戦いでは、勢いそのままに戦うことができました。永島・巴ペアはコートを広く使って攻めていました。杉野・田部井ペアはネットプレーなど積極的なテニスをしていました。2ペア...
06/06 8:53
男子ソフトテニス部
6月4日に東京都小金井公園にて関東大会男子個人戦が行われました。 本校からは永島(2年)・巴(3年)ペアと杉野(2年)・田部井(3年)ペアが出場しました。   結果 1回戦 杉野・田部井ペア 3-④ 高崎商業高校     永島・巴ペア 1-④ 栃木高校   各ペアとも課題がたくさん見つかりました。関東大会で通用するプレーもあれば、力の差をはっきりと感じる場面もありました。通用しない点を徹底的に取り組み、今回の結果をインターハイ予選に向けたモチベーションに変えていきます。   日頃より応援していただきありがとうございます。 今後ともよろしくお願いいたします。
5月22日に青木町公園テニスコートにて川口市民体育祭が行われました。本校からは5ペアがエントリーし、ベスト4を独占しました。   優 勝 鈴木(3年)・齋藤(3年)ペア 準優勝 田部井(3年)・巴(3年)ペア 3 位 佐々島(3年)・長谷部(3年)ペア     大谷(2年)・安藤(3年)ペア 特に準決勝からの同校対戦では、普段は互いに高め合うチームメイト相手に、良い緊張感を持って戦えたと思います。誰が相手だろうが、どんな場面だろうが、勝負していく強さをもっともっと身につけてほしいです。 勝負の世界は厳しい場面の連続です。一試合の中でも流れが行ったりきたりします。特に劣勢の場面で真の強さが試されます。高校生とはいえ、アスリート魂を磨き上げていきたいです!   また、中村(1年)・関(1年)ペアが初めての大会出場となりました。2人とも元気よくプレーしていました。まだまだ技術的に先輩に追いつかないところはありますが、夏~秋にかけてひたむきに取り組み、新人戦でもっと成長した姿で戦いたいと思います。   日頃より応援していただきありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。
5月5日、7日の2日間にわたり、関東大会県予選会団体戦が行われました。 結果はベスト8でした。 1日目はシード校が敗戦するなどの波乱の中、何とか勝ち進むことができました。レギュラー陣はベストな戦いができず、苦しい展開が多々ありました。 2日目は4回戦で本庄第一高校に勝利したものの、5回戦で武蔵越生高校に敗戦しました。 新人戦ではベスト16だったので、新人戦より1つ多く勝ちを重ねました。しかし、関東大会出場を目指していたので、悔しい気持ちの方が大きいです。 今大会でベスト32に入った学校は6月16日に行われるインターハイ予選の出場権を得ます。もう一度団体で戦えるチャンスがあります。このままでは終われません。団体戦での悔しい思いは団体戦でしか晴らせません。3年生は最後の団体戦でベストを尽くし、後悔の無いよう戦ってほしいです。 あと1ヶ月。まだまだ成長できます。高いレベルを求めて、高い意識でテニスをしていきます。   日頃より応援ありがとうございます。 今後ともよろしくお願いいたします。
05/06 12:37
男子ソフトテニス部
5月4日(水)に関東大会埼玉県予選会が行われました。 本校からは3ペアが出場し、永島(2年)・巴(3年)ペアと杉野(2年)・田部井(3年)ペアが6月3日から東京都で行われる関東大会への出場権を獲得しました。   上位20ペアが関東大会出場となる今大会で、両ペアとも敗者復活戦を勝ち抜きました。4回戦での敗戦の後、気持ちを切らさず戦い抜いたと思います。永島・巴ペアはギリギリの戦いの中でもチャレンジと修正を繰り返し勝負しました。杉野・田部井ペアは自分たちが手にした流れを止めず、攻撃的なテニスを徹底しました。 4月に行われた地区予選から、短期間ではありますが、成長したように感じました。高校生の吸収力、成長する姿にはいつも驚かされます。 6月に行われる関東大会でもさらに成長した姿で戦えるよう、日々の練習に励んでいきたいと思います。   応援ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。
4月19日、20日に関東大会南部地区予選会が行われました。 本校からは7ペアがエントリーし、鈴木(3年)・齋藤(3年)ペア、永島(2年)・巴(3年)ペア、杉野(2年)・田部井(3年)ペアの3ペアが県大会への出場権を獲得しました。 どのペアも課題が残る試合となりました。力の差があったわけではないと思います。ギリギリの場面や流れを決めるポイントなどを取り切れていなかったように思います。結果的に負けたということは、原因が必ずあるということです。予選を勝ち抜いたペアは県大会に向け、残念ながら県大会出場を逃した部員は悔しい思いを絶やさず、日々の練習に取り組んでいます。これらの取り組みがコートの上で形となるようにしたいです。   また、新入生が入部しました! コロナ禍により活動に制限がある中で、新入生加入はエネルギーになります。新しい風が吹きます。これから部活を主体的に盛り上げていってほしいです。   日頃より応援していただきありがとうございます。 今後ともよろしくお願いいたします。  
2020/08/17
男子ソフトテニス部
夏休みに入ってから、校長と副校長が、部活動の練習を見学させてもらっています。どの部活動の暑さの中、明るく熱心に活動しています。今日は、男子ソフトテニス部の紹介です。男子ソフトテニス部は、川口総合高校時代からインターハイや関東大会で活躍する、強豪校として伝統ある部です。   【部長コメント】この部活では経験者はもちろん初心者でも、3年間通して素晴らしい先生やコーチ、トレーナーが基礎から応用まで教えてくれます。人数は他の学校に比べて少ないので一人ひとりが打てる球が増え、毎日満足できる練習が可能です。また、テスト期間一週間前や長期休みにも十分にOFFがあるため、課題もしっかり取り組めます。部活内での上下関係も良好で、後輩の積極的に先輩に質問に来ます。メニュー中にも自分が感じたこと、やりたいことを先生に言えば反映してくれるので自分のやりたいように部活動ができます。   【1年生のメッセージ】僕たち男子テニス部は、全国大会優勝を目標に日々練習に励んでいます。部員の中には、勉強では理数科から文理スポーツまで、テニスでは地区大会止まりから関東出場という、様々なレベルの人がいます。しかし、それぞれの入部動...