天文部

活動紹介

校内活動は天候に合わせて活動します。
◎晴天時・・・・・・主にS棟屋上
太陽の観察(黒点やプロミネンス)、各月齢ごとの月や地球照の観察
金星、火星、木星、土星、などの惑星や、明るい恒星の観察


◎雨天・曇り時・・・地学実験室
天体望遠鏡やカメラなどの光学機材の取り扱いの練習。天文についての勉強会。

校外活動・・・・・年2回(冬1泊2日、夏2泊3日)
合宿(冬合宿)・・・大滝げんきプラザ(400mm反射と200mm屈折望遠鏡)
          冬の星雲・星団。惑星・月面の観察
          天体写真撮影、流星観測

合宿(夏合宿)・・・大滝げんきプラザ(400mm反射と200mm屈折望遠鏡)
          夏の銀河の観察、夏の星雲、星団。惑星・月面の観察
          ペルセウス座流星群の観察と写真撮影

活動

部員の中で研究活動も行いたい人で研究班をつくり研究的活動もしています。

毎週金曜放課後が全員参加の活動(終了時間は季節変動あり)

研究班はこのほかに月曜放課後と必要に応じて追加の活動を行っています。
令和3年度は、埼玉県科学展や日本天文学会ジュニアセッションで研究発表を行いました。

現在の部員数は40名、うち10名が研究班に所属しています。

 

活動報告

右活動報告はこちら

新着
第12回高校生天文活動発表会に参加し、「恒星のスペクトル型についての観測的研究(Ⅱ)」の演題で研究発表しました。新型コロナウィルスの影響でオンライン実施となり、学校の実験室からの発表でした。この研究テーマは今年3月の日本天文学会ジュニアセッションで発表したものと同じですが、その時研究者の方などからいただいたアドバイスなどをもとに再構築してver.2としてまとめました。予稿原稿、パワーポイントのスライドと読み上げる原稿つくりと、毎日放課後の時間を使って準備を重ねてきたもので、以下の予稿集P.8で私たちの発表内容を見ることができます。 https://quasar.cc.osaka-kyoiku.ac.jp/tenmon-hs/abstract2022.pdf  
天文部研究班では、今年1月5~6日に行った奥秩父での校外合宿で観測した結果をまとめて学会発表を行いました。研究題目は「恒星のスペクトル型についての観測的研究」です。恒星は温度が高いと青白く、温度が低いと赤っぽく見えるということはお聞きになったことがあるかもしれませんが、さらに細かな温度による特徴を星の光で虹(スペクトル)を作り調査・分類しました。これを分光観測と呼びます。新型コロナウィルスの影響で、本来であれば広島大学での開催予定でしたが、オンラインとなり学校の実験室からの参加となりました。研究者の先生からコメントをいただけたり他校の生徒さんからの質問もあり、また他校の研究発表を見て議論したり、実り多い時間を過ごすことができました。 今回、私たちが発表した内容は日本天文学会の以下の場所から見ることができます。https://www.asj.or.jp/jsession/2022haru/program.htmlセッションG 恒星・銀河 42T です。                  
03/22 11:15
天文部
活動紹介
新型コロナウィルスの影響で、夏季休業中に予定していた校外合宿は実施できませんでしたが、今回の冬合宿は万全の感染症対策をしたうえで実施することができました。部員にとって、1,2年生ともに初めての校外合宿です。場所は埼玉県立大滝げんきプラザ、施設には天文台があり大型の望遠鏡が備わっています。学校の機材も駐車場に展開して観測を行いました。天候は2晩とも快晴に恵まれ、しぶんぎ座流星群の観察や星の写真撮影、研究班は天文台の望遠鏡を使って恒星の分光観測を行いました。当日撮影した写真です。