活動報告

天文部

【天文部】新入生を迎えて初めての観測会(2024年5月10日)

多くの1年生が入部し、初めての観測会を行いました。

太陽が巨大フレアーを何回も起こし、世界各地でオーロラが見られたとのことがニュースになっています。

まず屋上にあがり、太陽観測を行いました。Seestar で撮影した太陽全体像では巨大な黒点が確認できます。

Hα 太陽望遠鏡では黒点部の複雑な構造と巨大なプロミネンスを見ることができました。

Seestar 太陽全面 巨大黒点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Hα 黒点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Hα プロミネンス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 Seestar で太陽撮影

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太陽の観測後、実験室に戻り3年生の引退式を行い、ひとりひとりから思い出の話などをしてもらいました。

これからは、それぞれの希望進路実現に向けて頑張ってください。

 

そんなことをしているうちに、日は沈み夜の部スタートです。

まず、細い月を、屋上に設置している28cm反射望遠鏡、10cm屈折望遠鏡で観測しました。

Seestar で撮影した月の写真をどうぞ。

 月

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地球照

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

観測の最後は、国際宇宙ステーション(ISS)の通過です。

JAXA から出されている予報を確認して待ちます。

すると、予報通りの時間と方角から明るい星のような物体が移動してくるのを発見、皆で大いに盛り上がりました。

次の写真は、カメラを三脚に固定し、1秒露出、1秒インターバルで連続撮影したものを合成して1枚の画像にまとめたものです。

ISS_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ISS_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ISS_観測中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで、今回の観測会は終了です。

まもなく中間考査となります。

次の活動は、考査後、合宿準備や、研究班は7月の研究発表会の準備などに取り掛かります。

 

【天文部】日本天文学会ジュニアセッションで研究発表(2024年3月12日)

研究班2年生は、東京大学本郷キャンパスで行われた、日本天文学会ジュニアセッションに参加し「太陽の高分散分光観測から求める差動自転検出の試み」の講演題で、口頭およびポスターによる研究発表を行ってきました。太陽はガスでできているため緯度により自転の速さが異なり、赤道付近での自転が最も速く南北の極に向かうにつれてゆっくりになるという差動自転をしていることが知られています。これが太陽の11年活動周期の原因ではないかとも考えられていますが、我々は観測からこの自転角速度をドップラー効果を用いて計測し、さらには南北半球でその角速度の変化に違いがあることをとらえました。

ポスターセッションの資料はこちら

 ↓ ↓ ↓

06T_JS2024_Kawaguchi_Poster.pdf

 

東京大学 安田講堂前

 口頭発表

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポスターセッション

参加証

 

 

 

 

【天文部】冬合宿(2024年1月5日~7日)

 いつもの県立大滝げんきプラザにて冬合宿を行いました。二晩とも良い天気に恵まれ、寒さもそれほど厳しくなく充実した活動をすることができました。1日目の晩は研究班と写真班に分かれ、研究班は施設の天文台で恒星の分光観測、写真班は駐車場で天体写真の撮影に取り組みました。2日目の晩は全員で駐車場での写真撮影のほか、天文台での観望も行いました。

 今回は二つの新たな機材を持ち込んで観測を行いました。ひとつは部活動費で購入したZWO社の電視観望専用望遠鏡SeestarS50で、もう一つはSSH予算で購入した口径130mm屈折望遠鏡です。

 SeestarS50は水平にポンとおいてWifiでタブレットに接続し、目的の天体を指示すれば自動導入して撮影してくれるという初心者にはもってこいの機材です。肉眼で覗くことはできず、タブレットの画面で天体を見ることから電視観望と呼んでいます。以下は撮影した画像で、カーソルを写真上に置くと天体名がわかります。

   M81 渦巻星雲M31 アンドロメダ星雲

  M45 プレアデス星団M3 球状星団

  M97 フクロウ星雲

 M42 オリオン星雲

 バラ星雲

 M51 子持ち星雲 馬頭星雲

月 地球照

 

  口径130mm屈折望遠鏡は、さすがに大掛かりな機材だけあって撮影できた写真は写りが違います。どうぞご覧ください。

バラ星雲

 

しし座 三つ子銀河

 M104 ソンブレロ星雲

 

  研究班が天文台で大型望遠鏡を使って観測しているところと、全員の集合写真もどうぞ。 研究班 分光観測中集合写真

【天文部】千葉大学 高校生理科研究発表会(2023年9月30日)

研究班では、7月の大阪教育大学での研究発表の反省を踏まえて、新たに観測を行い今回の発表会に臨みました。研究題目は「太陽の高分散分光観測~マカリとエクセルによる高精度波長付けの研究~」です。太陽の赤道における自転速度2.0[km/s]をドップラー効果を使って求めようというもので、文化祭が終わってからはほぼ毎日夜遅くまで解析を行いまとめたものです。残念ながら受賞することはできませんでしたが、かなり良い精度で自転速度を求めることができ、マカリ(国立天文台が提供する解析用のフリーソフト)とマイクロソフトの「エクセル」という汎用性の高いソフトでの解析法が確立できたものと考えています。

また、発表の途中でビデオ取材を受けました。

 

ポスターはこちら

↓ ↓ ↓

B704_川口市立_太陽自転速度_ポスター.pdf

 

正門

ポスター1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビデオ取材

 

 

 

夏合宿(2023年8月21~23)

今回も、いつも利用している県立大滝げんきプラザに行ってきました。部員29名、引率3名の総勢32名です。往復は大型観光バスで快適です。

1日目の晩は、晴れと曇りが交互に変わる空でしたが、満天の星空を堪能することができました。写真班は各自のスマホカメラで星空を撮影することを目標に各々挑戦しました。研究班は施設の天文台で恒星の分光観測をする予定でしたが天候が安定せずデータをとることはできませんでした。観測は朝5時まで行いましたが、日の出を見るため6時過ぎまで起きていた部員も。

2日目はゆっくり起床し、屋外炊事場でカレーライスを作りました。その後、雨の中滝沢ダムの見学に出かけダム外階段を下りるスリルを味わってきました。

2日目の晩は完全な曇りのため、研修室で引率の岡田先生(国語)による「天文と古典」という演題で、藤原定家の「明月記」にある超新星爆発の記録から江戸の天文博士(陰陽師)による暦の作成まで興味深いお話をしていただきました。日が変わるころになっても天候は改善せず就寝としました。

今回も盛りだくさんの充実した合宿となりました。

スマホカメラ1

 

スマホカメラ2

 

天文台